HOME>トピックス>評判も確認しておこう

個人契約のときとの違いはあるのか

自社社員専用の賃貸用などとして、賃貸法人契約をおこないたいときには、どのような費用がかかるものなのでしょうか。基本的に貸す側から見ると、その相手が個人であろうが法人であろうが貸出しをするということに変わりはありません。したがって賃貸法人契約をおこなう場合には一般的な賃貸契約を結ぶ場合とほとんど同じです。したがって、どの程度の初期費用がかかるのかということは、賃貸住宅情報誌や賃貸物件を取り扱っている会社のホームページの情報などを確認すれば大体の相場は分かります。後は、敷金や礼金などを誰が負担するかによる違いです。会社側がどこまで負担するかによって変わるので会社の規定を確認しましょう。

貸主はその法人のどこに注目する

大体の賃貸法人契約にかかる費用相場が分かったところで、次は貸主がその法人のどんな所を見て貸すか否か判断するかということを知りましょう。一般的に、貸主のほとんどはその会社の規模という点を第一に確認します。その次に設立年数や資本金などという会社のパーソナルな情報を参考にする貸主が多いようです。

借りる前にその物件の評判なども確認

賃貸法人契約を結ぶ際に大事な点には、その物件の評判を確認するということもあります。いくら会社に近かったりしても、周辺の治安面や過去の住民トラブルなどの有無を確認しないとその物件に住む社員が集まらず借りる意味が無くなる場合もありますので、そういった点の確認も重要です。

広告募集中